更新日:

自然体で成功する人の秘密

 

自然体で成功している人は、何を考え、どんな行動をしているのか?

発売記念キャンペーンとして、
通常2,980円の電子書籍を500円でプレゼント!

※決済はVISA/Masterカードのみとなります。

 

崖っぷち元サラリーマンが人生の成功を手に入れるまで

20年ほど前のことです。

高校生の彼は、地元の進学校に通っていましたが、受験に失敗し浪人することになってしまいました。一浪して頑張ったものの志望校に合格できず、不本意な大学に進学せざるを得ませんでした。

大学の夢に敗れた彼は、起業を目指します。しかし、当時知り合った成功者に「経験を積むために就職しなさい」と提案され、大手の流通会社に就職します。

いずれ起業して大きな成功を収めたいという強い意志を持っていた彼は、会社員としても社内で表彰されるほどの結果を出しました。その一方で副業の通信販売に精を出し、給料と同じくらい稼げるようになったので、彼は意気揚々と会社を辞め独立しました。

しかし、会社を辞めた途端、なぜかどんどん売り上げが下がり始めます。

 

それは地獄の始まりでした……

サラリーマン時代には頑張れていた副業なのに、会社を辞めたとたんなぜか体が動かなくなり、売り上げは下がる一方。ついに、食べるものにも事欠くようになり……

しかし、その後彼は経営者を育成するコンサルタントとして成功し、年収1億を超えました。その他の事業も次々と成功させ、今では時間にも経済的にも自由な生活を満喫しています。

彼の名は、相馬一進(そうまかずゆき)。
なぜ、普通のサラリーマンだった彼は失敗したのか?
そしてなぜ、失敗を乗り越えて成功することができたのでしょうか?

 

崖っぷちから這い上がれた他の成功者たち

彼の他にも、同じように経済的に追い詰められた時期を乗り越えて成功した人たちがいます。

東京都 小川正人さん 職業:プロモーター、コンサルタント
「ほぼフリーターの状態から6ヶ月で月商860万円になりました。プライベートの時間も増え、自分の予想をはるかに超える生活を手に入れることができました。」
東京都 大野弘志さん 職業:カウンセラー
「月収2万円から月収100万円に。カフェで仕事をしたり、自分らしく幸せに生きられるようになりました。」
神奈川県 菅原裕人さん 職業:コピーライター、コンサルティング
「単価が40倍になり、1本100万円以上のセールスコピーの契約がバンバン取れています。家族との時間が取れるようになりました。」
岡山県 高橋れいさん 職業:日本ボイスマネジメント協会代表理事、ボイストレーナー
「時給が700円から1万円になりました。主婦・子育ての合間に仕事ができるようになりました。」



それぞれ職種は違いますが、経済的にも精神的にも追い詰められた経験を持ち、這い上がることができた人たちです。
彼らは、厳しい状況の中、自然体で成功する本質を理解し実践したことで立ち直ることができました。
今ではストレスなくビジネスにも成功し、自由な生活を満喫しています。

 

自然体で成功する人と
ストレスまみれで最後は失敗してしまう人との決定的な違いは何か?

自然体でビジネスに成功している人の業種や業態は様々です。しかし、実は、とても深いところに共通点があるのです。

それは「自然体で生きる」ということ。

なんだかうさんくさいなあ、と思ったかもしれません。ほとんどの人は、自分の考え方に問題があると気づいていませんので、怪しいと感じるのももっともなことです。

しかし、今までの常識でものを考えて行動し、失敗をする人は本当に多いのです。

そもそもの考え方が間違っていると、間違ったゴールにたどり着いてしまうのです。元サラリーマンだった彼がかつて体験した苦い経験のように。

ストレスなく自然体で、自分の思い描く成功にたどり着くには、成功するための考え方=本質を理解し、実践する必要があるのです。

その、「本質」をあますところなく伝えているのが、これからご紹介する書籍『1億円稼ぐ本質思考』です。

その内容を一部紹介すると……

 

目次・章立て

1億稼ぐ本質思考

序章 百花繚乱-自分の強みを活かして世の中に貢献する
1.旅行中でも1日1通のメールで売れていく
2.欲しいと思える物がなくなった後……
3.個々の才能が咲き乱れる社会の実現を目指して
4.日本に器用貧乏が多い本当の理由
5.自分の強みを伸ばせない社会のからくり
6.洗脳から抜け出して自分にあった生き方を

1章 夢を叶えると決める
1.人生はどうにもならないと考える人が激増
2.今は夢が叶わぬ時代
3.夢の5割はお金で買える
4.お金は「もらう」「支給される」ものではない
5.IMFが日本に課す最悪のシナリオ
6.安定・安泰な職業はない
7.日本から本当のお金持ちがいなくなる
8.年金が抱える3つの設計ミス
9.人生100年時代を乗り切るには
10.激務すぎて定年まで働けない仕事とは
11.「複業」のススメ
12.仕事の「カルガモ症候群」とは

2章 巨人の肩に乗る
1.22歳で万有引力の法則を発見できた理由
2.散歩の途中で富士山は登れない
3.ビジネスのエベレストとは?
4.欲しい年収の人からアドバイスをもらおう
5.潔癖にならずに矛盾を飲み込め
6.あらゆる業種の参加者が集う起業コミュニティ

3章 自分のメンタルと向き合う
1.なぜ夢が叶うと気持ち悪いのか
2.夢を叶えるのが気持ち悪いと感じる人
3.成功者からの旅行の誘いは断るな
4.メンタルが原因で成功しない人が多すぎる事実

4章 自分自身であれ
1.メンサに入ろうとしてはいけない理由
2.劣等感を埋めようとするとカモにされる
3.劣等感を自己受容しなければ苦しさが続く
4.内向的な性格は遺伝が5割
5.スポーツは遺伝が99%
6.重要なのは自分にあった仕事を見つけること
7.自分に最適なビジネスを見つけるのが難しい理由
8.自己肯定感が低い人が描く夢の多くは偽物の夢

5章 仲間を選べ
1.周囲からの影響が夢を遠ざける
2.旅行に一緒に行く人は厳選せよ
3.私たちの周りにいる夢の破壊者たち
4.メジャーデビューするために必要な行動とは
5.夢を叶えるためには別れることも大切
6.ドリームキラーは高尾山に登る
7.たった一人で成功できる人はいない

6章 本質を追求せよ
1.ノウハウよりもノウホワイ
2.ノウハウを生み出す方法

7章 お金と時間を投資する
1.本だけでは成功しない理由
2.お金は夢の「方向」へ使うこと
3.ただの「気づき」から一歩踏み出す
4.もし、1つだけ選ぶなら……

 

著者プロフィール

相馬一進


マーケティングと心理学を専門とする起業支援コンサルタント

大学卒業後、松坂屋に入社し、他社に先駆けてブログでの集客を手掛ける。反響を呼び、TBSなどのメディアで紹介され、社内表彰を受けた。

松坂屋を退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。

モチベーションのスペシャリスト・人間行動学の専門家として世界的に有名なピーター・セージのビジネス書籍「自分を超える法」の翻訳に携わり7万部以上売れている。

現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。月間のべ300人以上にアドバイスをし続けている。

開催している心理学の講座は年間1億円を売り上げる人気講座である。
趣味は読書。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

2,980円の電子書籍が500円? 裏は何?

「2,980円の電子書籍がたったの500円で売られているなんておかしい、何かあるのでは?」

もしかしたら、あなたはそう思ったかもしれません。

実は、今回思い切った価格にするのには、ふたつの大きな理由があります。

ひとつは、この電子書籍の著者、相馬一進が初めて書籍を出版する記念であるということ、もうひとつは、自由なライフスタイルを送る相馬一進が主宰する『お金の心理学』無料動画講座とオンライン説明会にぜひ参加してほしいからです。
 

なぜ、こんなことをするのか?

相馬は、今、起業で成功と自由を求めているのに得られずにさまよう人の将来を憂いています。

なぜなら、その姿はかつての相馬自身だからです。
自由を求めてさまよう人に、彼はかつての自分自身を重ねてしまうのです。

知る人ぞ知ることですが、「自由になりたい」「成功したい!」と起業を志しても、残念なことにほとんどの人がうまくいきません

しかし、そんなきびしい起業の世界の中で、彼が主催する「お金の心理学」の参加者は次々と自然体で成功を手に入れています。人により、成功までの時間は様々ですが、確実に起業成功者が生まれています。

だから彼は、自分が2,480円を損しても、自身が主催する「結果の出るコミュニティ」に入って欲しいと願っているのです。

他の、結果が出ないコミュニティに参加して、みすみす時間とお金をムダにするのはもったいないことです。

まずは、この書籍を読み、自然体で成功するための本質をよく理解してもらい、理念に賛同し、本当に自由を得たい人と熱望する人には「お金の心理学」に参加してほしいと考えているのです。

この書籍を読んだ人には、「お金の心理学」無料動画講座と、通常2,980円のオンライン説明会参加権が980円で手に入ります。

※決済はVISA/Masterカードのみとなります。

 

サービス内容

商品 料金 提供方法 内容
1億稼ぐ本質思考 通常価格
2,980円
→500円(税抜)
電子書籍(PDF) 自然体で成功している人が考え、実行していることを解説している本。
お金の心理学 50万円
(税抜)
オンライン講座 自然体でストレスなく成功するために必要な、本質的なマーケティングと心理学を提供している講座。

 

会社概要

会社名 株式会社エッセンシャル
代表者 代表取締役 相馬一進
所在地 〒107-0052 東京都港区南青山2-2-15 ウィン南青山1214号
電話番号 03-5860-0951
※商品に関するお問い合わせはメールにて受け付けております。
メールアドレス info◎essentia.co.jp
(◎を@マークに変えてください)
事業内容 ・ 研修、セミナー、イベントの開催
・ コンサルティングサービスの提供
・ 出版および電子出版事業
・ 販売代理業・仲介事業・広告事業
・ CD、DVD、ニュースレターの販売
・ 個人のプロモート事業
・ e-ラーニングサービスの提供


読者からの感想


中学生や高校生の時から教えて欲しい内容

読むとわかりますが、巷にあるような成功法則や個人ベースでの成功事例を書き連ねるのではなく、真の成功とは何か、自分自身の成功とは何か? それぞれの才能を開花させて自分らしく生きるとは何か?など、深い内容で簡潔に言語化されている点が特徴的です。
私もそうでしたが、ビジネスマンや事業者にとってとても興味深いのはメンタルについて触れている点です。
結果を出せていない人のメンタルや価値観はどういうもので、それがどのような影響を与えていたのか?
より良い結果を出すために必要な考えやメンタルはどういう状態なのか?
そして、それを達成するためにどうすればいいのか? 
というような、ビジネス書でもほぼ触れられない要素が書かれている点もとても興味深いです。
自分自身の才能を最大限活用するためのエッセンスが読めると言う点でも本書はオススメで、ビジネスで結果を出すための本質や価値観はこれであると言うことを凝縮して言語化してくれている書籍です。
書籍内容だけで全てを理解するのは難しいとは思いますが、今までにないビジネスや人生における考え方の学習書として、できれば中学生や高校生の時から教えて欲しい内容だと思います

ikedayasutaka様

自分の弱みは克服しなくていいと気づきました

日本社会の洗脳について拝読し、その通りだと思いました。異種の科目をまんべんなく学び、その全てに合格点を取らなければならないということに、どれほどの特別な才能が潰されていることだろうか、と。私自身もそれに苦しんだ一人です。
幸いなことに私は「お金の心理学」に出会い、その中で学ぶことで、自分の弱みは克服しなくていいと気づきました。それによって、心も軽くなり、ビジネスも非常にスムーズにいくようになりました。
自分の強みに集中し、その能力を存分に発揮して、しっかりお金を稼ぎ自分や家族が幸福になるとともに社会にも貢献していく。
その考え方に共感しています。多くの人がそれに気づき、自分の夢を実現できるようになればいいなと心から願います。

すぎゆか様

巨人の肩に乗るだけでホントに稼げるようになると思います

巨人の肩に乗る、これだけでカバーできるというのが、実感としてあります。
ここ何年かは、あれが熱い、これが稼げるとかいってうんざりするするほど稼げないものが、形だけのマーケティングによって搾取されてきています。
でも、実績のある、巨人の肩に乗るだけでホントに楽に、稼げるようになると思います。

いろんな才能を持った方がいると思います。
この書籍を通して、人それぞれ才能に気付けたらいいな、と思います。
素晴らしい電子書籍をリリースいただきありがとうございます。

Mr.K様

希望と意欲が強く沸いてきました

自分自身の強みを知り、強みを仕事に活かして成功し、自分にあった生き方をする。この本を読みながら希望と意欲が強く沸いてきました。

higashi様

バイブルのような本

私はメンタルが弱く、先延ばしがまるで専売特許のような人生を過ごしてきました。
年を取るにつれてこのいつまでも中途半端な人生に嫌気が差し、このままでは本当に
大変なことになると危機感を感じてきましたがどこから手をつけていいかわかりませんでした。

そんな時に相馬さんのブログを知り、耳が痛くなるような内容を真摯に受け止めて少しずつですが行動を起こして前進してます。ブログの内容で特に気になったものは保存してきましたが今回の本はそのすべてがつまったバイブルのように思えます。何度も読み直してこれからも前進して自分の満足いくような成功を必ずつかむつもりです。

SHIN様

多くの人たちがなぜ成功できなかったのかわかりました

自分を含め、多くの人たちがなぜ成功できなかったのか
心理学の視点から、大変勉強になりました。
何事も物事の本質を知ることが大切なんだと思いました。

板垣正樹様

残酷な現実もたくさん書いてあるので現状維持したい人は辛い内容だと思います

書店で売っているノウハウよりもずっと価値がある本です。
しかし残酷な現実もたくさん書いてあるので現状維持したい人は辛い内容だと思います。
実際の例をふまえて説明していて巻末にまとめがあるので何をすればいいのか、立ち止まって考えることができました。

匿名希望様

「自分のメンタルと向き合う事」「自分の才能と向き合う事」の大切さを痛感しました

これから副業・複業を考えている私にとって、大切なことを教えていただきました。
中でも「自分のメンタルと向き合う事」「自分の才能と向き合う事」については、
その大切さについて痛感しました。

田村様

自分自身に対しての嘘を剥がしていこうと思いました

特に「カルガモ症候群」は正に自分の事でした。
読み進める中で、一番感じたのは、自分自身と向き合うことの前に、自分自身に対しての嘘を剥がしていこうと思いました。
ある意味でスタートラインにすら立っていなかったと気付きました。色々な感情に蓋をしていた部分をこじ開けられた様な感じでしょうか。刺さる気持ちと清々しい思いが入り混じっております。
1年ほど前からメルマガを読んでおりました。なので、読む前はそれらの総集編だと思っておりましたが、想像に濃いものでした。ありがとうございました。

SK様

成功者と自分との違いに納得しました

ここのところ成功者と言われる方々とお会いすることが多く、自分とこういう方たちとの違いは何だろうと常々思っていたのでそういう方の言動や行動を思い出しながら読んでみました。
私に足りてないもの。それは、圧倒的な行動力だと感じました。
頭では理解しています。でもなぜ私は行動できないのか。
それは清濁合わせ飲むことができないからです。
これが正しい、納得できないことはやりたくないという変な正義感に囚われていたり、人からの批判を恐れているのです。 
よくお誘いをいただく成功者の方が言われてたことがあります。
「私のことをよく思ってない人はたくさんいる。ほとんどが誤解だったりで、拡声器でそれは違うって言って回りたいくらいよ。」
私はというと、その方から稼げるきっかけにとアドバイスくださったことを自分がこれまで言ってきたことに反するからやらないと頑なに拒否していました。
でも、これからは稼ぐと決めて行動します。
早速拒否していた成功者のアドバイスを受け入れて事を進めるべく電話をしました。
どういう結果になるかはわかりませんが、「あれ、こんな簡単な事なんだ。」と思ったりよりも居心地も悪くなくちょっと拍子抜けしてます(笑)
 
常に行動をし続けていけるよう自分のメンタルと向き合いながら
折に触れ何回も読み返して自分のものにしていきたいと思いました。

くりりん様

一気に読まずにはいられない書籍

書いてある内容すべてがグサグサ胸に突き刺さりました。私自身、劣等感の塊で、自己啓発本から始まりノウハウコレクターとなって貯金を使い果たし、借金までしてコーチングやコンサルを受けたりして何も結果を出せずにいます。これからはストレスのない環境で自然体でビジネスをして、「百花繚乱」な世界に身を置きたいですし、もっと世の中に貢献したいです。気づきだけでは何も始まらない…ですね。本当に胸が痛いです。読みやすくて、というか一気に読まずにはいられない書籍でした。

やま様

「自分を活かせる場、活かせる働き方を見つければいい」

今回の書籍を読んで、非常に印象に残った点が2つあります。
1つ目は、カルガモ症候群の話です。
私は大学を卒業後、IT関連企業でシステムエンジニアとして働き出しました。当初はシステムを作る事やアイディアを形にする事が非常に面白く、仕事にのめり込みました。
しかし年次が上がると、望んでもない管理職になり、人の管理、意味の無い数字を作っての報告、顧客の顔色を伺いながらの仕事に疲れ、精神的に病んでしまいました。
それでもその仕事を10年以上続けたのは、
「この仕事が自分に合った仕事だ」
「これ以外の働き方は無い」
と当時は思い込んでいたからでしょう。
会社を辞めた今では、当時の自分は経験や情報が少なく、狭い考え方に縛られていたとつくづく思います。
そして、私の個性や強みを見つけて適それを活かせるような仕事を任せるのではなく、目の前の仕事を回すための歯車として使われていたのだなと改めて残念に感じました。
もう2つ目は、内向的な性格や能力は遺伝によって決まっているという点です。
私は子供の頃から友達と一緒に遊ぶのではなく、例え一人であっても自分の好きな事をやれているときの方が楽しさや満足感を感じていました。
しかし、学生時代や会社では協調性が求められ、外向的な性格が評価される環境でした。
そのため、一人でいると両親や先生から心配されるのです。
以前勤めていた会社ではリーダーとしての振る舞いを求められ、上司からもっと社交的に喋った方が良いと性格を変えることを促されたりもしました。
けれども性格を変えることはできませんでした。
自分を認めてくれる場所は無いと悩んだ時期もあり、ずっと生き辛さを感じていました。
この本には、
「今の自分の性格のままでいい」
「自分を活かせる場、活かせる働き方を見つければいい」
とか書かれていて、これまで悩んできた自分の性格を受け入れる事ができ、少し自己肯定感が上がった気がします。
狭い考え方の中で、自分の性格を変えようと悩んでいたかつての自分に読ませてあげたいです。

ナカムラケンスケ様


※決済はVISA/Masterカードのみとなります。

 

Copyright© 株式会社エッセンシャル , 2021 All Rights Reserved.